暗号資産
PR

NFTを購入できるメタマスク(財布)の作り方【初心者向け】

メタマスク公式サイト画像
ミスタートモ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
疑問を持つ人
疑問を持つ人

NFTを買ったりブロックチェーンゲームで使いたいんだけど、MetaMask(メタマスク)って何だろう? どうやって作るのかな?

今回はこういった悩みをもった方に向けて書いてみました。

この記事でわかる内容

・MetaMask(メタマスク)とは?

・MetaMask(メタマスク)の良いところ

・MetaMask(メタマスク)の悪いところ

・MetaMask(メタマスク)の作成方法【ブラウザ版】

・MetaMask(メタマスク)の作成方法【アプリ版】

・MetaMask(メタマスク)の使い方

・MetaMask(メタマスク)と連携できるサービス

この記事を見てもらえれば簡単に作れるので、興味のある方はぜひ自分のMetaMask(メタマスク)を作ってみましょう!

 MetaMask(メタマスク)とは

財布MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアム系の暗号資産やNFT(非代替性トークン)を入れておくインターネット上のお財布(ウォレット)のことです。

登録料、利用料が無料で使えるうえに、日本語にも対応しているので使いやすいです!

かわいいキツネのマークが目印で、パソコンとスマホどちらからでも使えます。

MetaMask(メタマスク)の良い点

グッドサイン

良い点は、下記の通りです。

・無料で利用できる

・イーサリアムのトークンをまとめて管理できる

・様々なプラットフォームで使うことができる

・トークンのスワップができる

・手数料を自由に設定できる

無料で利用できる

メタマスクを使うにあたって利用料など、料金はかかりません。

全て無料で使うことができます。

スマホのアプリ版もあるので手軽に使えます。

イーサリアムの資産をまとめて管理できる

メタマスクはイーサリアム(ETH)以外にも、Polygon、BNBといったイーサリアム系の仮想通貨をまとめて管理することができます。

また、アカウント(ウォレット)を複数作ることができますので、「テスト用」「送金用」「保管用」といった具合に用途ごとに分けることもできるので便利です。

様々なプラットフォームで使うことができる

スマホに映るOpensea

NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲーム、DeFi(分散型金融)など色々なサービスで使うことができます。

NFTを購入したい、ブロックチェーンゲーム内でアイテムやキャラクターを購入したいといった方は必ず作っておきましょう。

手数料を自由に設定できる

イーサリアム系の仮想通貨を取引する時にかかる手数料をガス代といいます。

簡単に言うと取引する送信時間が早いほどガス代が高くなるのですが、メタマスクではこの送金時間を調整することでガス代を調節できるのです。

イーサリアムのガス代は割高なので、取引の内容に応じてガス代を調節していきましょう。

トークンのスワップ(交換)ができる

メタマスク内で他のトークンにスワップ(交換)ができます。

取引所に送金してそこで交換する、といった手間を考えればメタマスク内で交換してしまった方が簡単で、手数料も安く済むことがありますので便利です。

仮想通貨の「トークン」とは?

仮想通貨・・・・管理者がいない、独自のブロックチェーンを使った通貨。

トークン・・・・企業や個人が発行した、管理者のいる仮想通貨。既存のブロックチェーンを使っている。

 MetaMask(メタマスク)の悪い点

落ち込む男性

悪い点は、下記です。

・ 互換性がない通貨もある

・ハッキングに利用されたことがある

互換性がない通貨もある

メタマスクで使えるのはイーサリアム系の仮想通貨だけなので、扱えない通貨もあります。

代表的な仮想通貨であるビットコインもメタマスクでは取り扱うことができません。

対応していない通貨を保管したい時は、別のウォレットが必要である事に注意が必要ですね。

ハッキングに使われたことがある

2021年の4月にEasyFiというDeFiプロジェクトのウォレットから約80億円の仮想通貨が盗まれるという事件が起きました。

メタマスクはインターネットを利用したウォレットの為、ハッキングのリスクがあります。

メタマスクをサービスに繋げる時は、連携先のサービスが信用できるか、詐欺サイトでないか等をよく確認しましょう。

MetaMask(メタマスク)の作成方法【ブラウザ版】

デスクとパソコン

メタマスクに対応しているブラウザはGoogleChrome、Microsoft Edge、Brave、FireFox、の4つです。

一番ポピュラーなGoogleChromeでの作成がオススメです。

まず、必ずメタマスクの公式サイトに入ります。

稀に偽サイトが出てくることもあるので、必ずURLを確認して公式サイトに入りましょう!偽サイトのメタマスクをダウンロードしてしまうと、資産が盗まれます(上記のURLは、安全です)。

メタマスク公式サイト

公式サイトにいったら右上の「Download」か左下の「Download for Chrome」をクリックします。

メタマスク作成の手順1

Chromeに追加をクリックします。

MetaMask拡張機能を追加

拡張機能を追加をクリックします。これでインストールが終わりました。

続いて、ウォレットを作成します。

メタマスク作成の手順2

開始をクリックします。

メタマスク作成の手順3

同意するをクリックします。

メタマスク作成の手順4

「ウォレットを作成」を選びます。

メタマスク作成の手順5

パスワードを設定します。設定したら忘れないようにメモしておきましょう。

利用規約にチェックを入れて「作成」をクリックします。

ミスタートモ
ミスタートモ

パスワードは忘れたり失くしてしまっても、再発行ができないので必ずメモしておきましょう。

メタマスク作成の手順6

動画を確認して、「次へ」をクリック。

メタマスク作成の手順7

続いて、シークレットリカバリーフレーズをメモします。

このシークレットリカバリーフレーズを忘れてしまうとメタマスクの復元ができなかったり、資産が取り出せなくなりますので気を付けましょう。

このシークレットリカバリーフレーズは絶対に他の人に知られてはいけません。 知られると資産を失ってしまう可能性があります。ネットのハッキング対策もかねて、パソコンではなく紙のメモなどに記録して安全に管理しておきましょう。

メタマスク作成の手順8

シークレットリカバリーフレーズを順番通りに並べたら「確認」をクリック。

これでウォレットの作成が完了しました!

MetaMask(メタマスク)の作成方法【アプリ版】

スマートフォンを持つ手

続いて、アプリ版のメタマスクです。

iphoneの方はAppStore、Androidの方はGoogleplayで「MetaMask」と検索しましょう。

MetaMaskアプリ開始

ダウンロードして、開始をタップします。

MetaMaskアプリウォレット作成

「新規ウォレットを作成」をタップします。

MetaMaskアプリパスワードを作成

パスワードを設定して、メモします。

パスワードは再発行できないので大切に管理しましょう。メモできたら「パスワードを作成」をタップします。

MetaMaskアプリ開始

「開始」をタップします。

MetaMaskアプリ動画

「開始」をタップします。

MetaMaskアプリのシークレットリカバリーフレーズ確認

「表示」をタップしてシークレットリカバリーフレーズをメモします。

次に「続行」をタップします。

MetaMaskアプリシークレットリカバリーフレーズ並べ替え

フレーズを順番通りに並べたら「バックアップを完了」をタップします。

MetaMaskアプリウォレット作成完了

これでウォレットの作成が完了しました!

MetaMaskの使い方

爽やかな机の上に置かれたスマートフォン

ここからはMetaMaskの使い方を解説します。

入金方法  

MetaMaskに通貨を入金してみましょう。

今回はコインチェックの取引所から送る場合を例に、解説します。

まず、コインチェックでイーサリアムを購入します。

コインチェック暗号資産の送金

次に「暗号資産の送金」をクリックします。

コインチェック暗号資産の送金2

送金する通貨を「Ethereum」にしたら「宛先を追加/編集」をクリックします。

コインチェックからメタマスクへの送金手順5

「新規追加」をクリックします。

コインチェックからメタマスクへの送金手順6

通貨を「Ethereum」にします。

「ラベル」は自分のわかりやすい名前にして、「宛先」にMetaMaskの「0x……」のアドレスを貼り付けましょう。

コインチェックからメタマスクへの送金手順4

間違えないように手入力ではなく、コピペしましょう!

コインチェックからメタマスクへの送金手順7

SMSを送信して、ショートメールで届いた認証コードを入力したら「追加」をクリックします。

コインチェックからメタマスクへの送金手順8

あとは「送金先サービス名」や、「受取人種別」の項目を入力していき、「送金額」を入れて「次へ」をクリックすれば送金完了です。

もしも送金に失敗すると、失った通貨は戻ってきません。アドレスや通貨の種類が間違っていないかよく確認しておきましょう。

ミスタートモ
ミスタートモ

最初はきちんと宛先に届くか、少額でテストするといいですよ!

送金方法 

今度はメタマスクからコインチェック取引所へ送金する場合の手順です。

メタマスクからコインチェックへの送金手順1

まず、コインチェックにログインして「暗号資産の受取」をクリックします。

メタマスクからコインチェックへの送金手順2

送金する通貨を選択して、「アドレスを作成」しコピーします。

メタマスクからコインチェックへの送金手順3

次にメタマスクを起動し、「送金」をクリックします。

メタマスクからコインチェックへの送金手順4

この送金先に先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。

メタマスクからコインチェックへの送金手順5

金額を入力し、「次へ」をクリックします。

メタマスクからコインチェックへの送金手順6

ガス代(手数料)が表示されるので、よければ「確認」をクリックします。

イーサリアムのガス代はかなり高額です。時間帯によっても金額がかなり変わりますので、うまく調整してガス代を節約しましょう!

あとはコインチェックのウォレットを確認して、ちゃんと入金できていればオーケーです!

スワップする

メタマスクを使って仮想通貨を他のトークンにスワップする手順を紹介します。

メタマスクでのスワップ手順1

まず、メタマスクを開き「スワップ」を選択します。

メタマスクでのスワップ手順2

ネットワークが「イーサリアムメインネット」になっているか確認して、どの通貨をどのトークンにスワップするか選択します。

メタマスクでのスワップ手順3

金額を入力して、「スワップの確認」をクリックします。

メタマスクでのスワップ手順4

ガス代が表示されるので、確認して良ければ「スワップ」をクリックします。

しばらくするとスワップが完了します。

念のためウォレットを確認して、トークンが表示されていればオーケーです!

MetaMaskと連携できるサービス

メタマスクと連携できるサービスをいくつかご紹介します。

・Opensea(オープンシー)

・The Sandbox(ザ・サンドボックス)

・AxieInfinity(アクシーインフィニティ)

・Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)

・PancakeSwap(パンケーキスワップ)

Opensea(オープンシー)

Opensea公式サイト

出典:Opensea公式サイト

OpenseaはNFTや、ブロックチェーンゲームのアイテム、アートなどを購入できる世界最大のNFTマーケットプレイスです。

購入するだけでなく、誰でもNFTを作って出品することができます。メタマスクとの連携も簡単です。

あなただけのお気に入りの作品が見つかるかもしれませんよ!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

The-Sandbox公式サイト

出典:The Sandbox公式サイト

The Sandboxは仮想空間の中を自由に行動して遊ぶゲームです。ゲーム内のキャラクターや、アイテムを自分で作ることができます。

作った作品はOpenseaなどのNFTマーケットプレイスで販売が可能です。

AxieInfinity(アクシーインフィニティ)

AxieInfinity公式サイト

出典:AxieInfinity公式サイト

AxieInfinity(アクシーインフィニティ)はベトナムで生まれたゲームで、モンスターを戦わせて遊びます。

ゲームを始める時に3体のモンスターを購入するのですが、ここでメタマスクが必要になります。

「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」の先駆けと言われていて、フィリピンでは普通に仕事をするよりもアクシーインフィニティで稼いだほうが収入が高いという人もいるほどです。

Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)

GodsUnchained公式サイト

出典:Gods Unchained公式サイト

Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)はブロックチェーンを使ったトレーディングカードゲームです。カードでプレイヤーと対戦して遊びます。

カードはNFTマーケットプレイスで売買が可能で、レアなカードは高値で取引されます。このゲームもメタマスクで連携可能です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

PancakeSwap公式サイト

出典:PancakeSwap公式サイト

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は管理者のいない取引所で、DEX(分散型取引所)と呼ばれています。

取引所に通貨を預けることで配当を得られるファーミングが利用できます。

秘密鍵などの情報を分散して管理しているのでハッキングのリスクが少ないことと、BSC(バイナンススマートチェーン)というブロックチェーンを利用していることから手数料が安いのが特徴です。

メタマスクなどの仮想通貨ウォレットを接続することで利用できます。利用する際はメタマスクのネットワーク設定を「BSC(バイナンススマートチェーン)」にしておく必要があるので、気を付けましょう。

MetaMaskに関するQ&A

なぜメタマスクが必要なの?

利用するサービスの中に個人の仮想通貨ウォレットが必要なものがあるためです(NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲーム等)。

ビットコインは送金できないの?

メタマスクはビットコインのブロックチェーンに対応していないので、取り扱いができません。ビットコインを個人ウォレットに移したい場合は、他の媒体を使いましょう!

アカウント名の変更はどうやるの?

手順は、以下の通りです。

メタマスクのアカウント名変更手順1

ブラウザの拡張機能からメタマスクを起動して、右上のメニューをクリックします。

メタマスクのアカウント名変更手順2

「アカウントの詳細」をクリックします。

メタマスクのアカウント名変更手順3

鉛筆マークをクリックします。

メタマスクのアカウント名変更手順4

好きな名前を入力したら、右側のチェックマークをクリックします。

メタマスクのアカウント名変更手順5

「×」の閉じるマークをクリックします。これでアカウント名の変更完了です!

メタマスクのアカウント名変更手順6

まとめ

最後にまとめです。

・MetaMaskは無料で使える

・イーサリアム系のブロックチェーンサービスを使う上では必須

・様々なサービスと連携できる

・ビットコイン等対応していないものもある

・取引所のウォレットよりハッキングリスクが低い

今回は以上になります。まだMetaMask(メタマスク)を持っていない方は、この機会にぜひ作ってみましょう!

最後までご覧頂きありがとうございました。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ミスタートモ
ミスタートモ
ブロガー/ライター
30代/ ブログ歴2年/独立を目指して精進中/経験職種20以上/個人事業でFIREを目指す!
記事URLをコピーしました