暗号資産
PR

暗号資産について初心者向けに解説します

仮想通貨のコインたち
ミスタートモ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

暗号資産=仮想通貨のことです

こんにちは。ミスタートモです。

暗号資産というものが世に出てきて話題になっていますが、「暗号資産って一体何なの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

この記事を見ていただければ暗号資産ってこういうものなんだ、というのがわかるようになりますよ!

電子マネーの営業経験もある私、ミスタートモがわかりやすくまとめてみました。

記事の前半では暗号資産の内容についてを、後半では何に使えるのか、またどうやって手に入れるのかを解説していきたいと思います。

この記事を読み終わるころには暗号資産の内容がわかるようになりますよ!

インターネット上でやりとりできる世界共通通貨

暗号資産とはインターネット上でやりとりされる電子データのお金のことです。

世界中どこでも使えて主に決済手段として使用できるのですが、日本では使えるお店などがまだ少なく、値段の上下も激しいため投資対象として購入する人が多いようです。

代表的なものとして、ビットコインイーサリアムがあります。

暗号資産の仕組み

・ブロックチェーン

・P2P(ピアツーピア)

暗号資産によって行われた取引は暗号化され、全て記録されています。

記録は主にブロックチェーンP2P(ピア・ツー・ピア)」という仕組みによって成り立っていて、

ブロックチェーンは取引の履歴を暗号技術で一本の鎖のように繋げたもので、不正や改ざんが極めて難しいものになっています。

P2P(ピア・ツー・ピア)」は受信者同士が直接やりとりをして通信するシステムの事です。

サーバーなどを介さずにやりとりできるため、通信がダウンしたりすることがありません。

暗号資産の特徴

①発行管理者がいない

日本円やドルのように国は管理していません。

全て民間のネットワークで管理されています。

個人で所有できる、世界共通のお金という事ですね。

②法定通貨と交換できる

暗号資産は紙幣などのように実体はない電子データですが、いつでも円やドルに交換することができます。

③価値の値動きが大きい

通常、円やドルはそれほど価値は急激に変わったりしませんが、暗号資産の場合はまだ市場ができてから日が浅いこと、株のように値幅の上限に設定がないことなどから値動きが激しいですね。

暗号資産の使い方

①決済、送金に使用する

本来の暗号資産の利用用途で、決済方法などとして使うパターン。

日本でもビックカメラ(家電量販店)など店舗で使えるところが出てきているようです。

また、代表的であるビットコインなどは別の種類の暗号資産を購入するときにも支払いとして使用できます。

また国外にいる人にも比較的手間がかからず送金できたりします。

②投資目的で保有する

これから暗号資産の価値の上昇が期待されていること、また値動きも大きいことから今暗号資産を買っている人はこちらの目的で所有する人が多いのではないでしょうか。

僕も先日、ビットコインとイーサリアムを初購入してみました。

なんだかゲーム内のお金みたいで楽しいですね!

暗号資産の種類

暗号資産は10000種類以上あると言われていますが(2022年3月29日現在)、大きく分けて「ビットコイン」と「アルトコイン」があります。

ビットコイン」は代表的な暗号資産で、「アルトコイン」とはビットコイン以外の全ての暗号資産の事になります。

・ビットコイン

・アルトコイン

   イーサリアム

   リップル

   ネム など。  他10000種類以上。

メリットとデメリット

 

メリット・・・海外でも送金手数料が安い

      ・値上がりが期待できる

      ・24時間365日取引ができる

  まず一番良いところは本来の利用用途である、世界中で使えるというところでしょう。

海外に送金したい場合、例えば郵便局を使ったとすると、手数料が安くても3000円はかかります(ゆうちょダイレクトを使った場合。窓口から送金した場合は7500円かかる)。

しかし暗号資産で送金した場合、送る通貨の種類にもよりますが手数料は格安で済み、かかる時間も数十秒で終わります。

また、株式などと違って24時間365日いつでも取引ができますし、持っておくだけで価値が上がる可能性があります。

デメリット・・・値動きが激しい

        ハッキングされるリスクがある

値段の上下が大きいので、いざ使ったり引き出したりしたい場合に価値が下がっていることもあります。

また、セキュリティも強固になってきているとはいえ、取引所がハッキングされて通貨が流出する可能性もゼロではありません。

国による補償がない分、自分でできる安全対策はしておいたほうがいいでしょう。

購入方法

暗号資産は暗号資産取引所で購入することができます。

口座の開設が必要なので、購入したい方は暗号資産取引所に口座を作りましょう。

最安で500円から購入できますよ!

株式などと違って24時間365日いつでも取引ができるので便利ですね。

注意点

余剰資金で投資する

暗号資産はハイリスク・ハイリターンな商品なので、万が一なくなってもいい余ったお金で買っておくのが賢明でしょう。

間違っても借金をして買ったりというような事をしてはいけません。

後々大変なことになります。

現物取引を使う

暗号資産の取引には現物取引レバレッジ取引があります。

現物取引とは実際に暗号資産を買ったり、売ったりする方法です。

対してレバレッジ取引は口座に入れた自分のお金×何倍の額を取引する方法です。

レバレッジ取引では大きい利益を狙うことができますが、損失も大きくなる為、慣れないうちは手を出さないほうが良いでしょう。

信用できる取引所を使う

暗号資産で心配なのが取引所を狙うハッキングです。

セキュリティ対策や管理をしっかりしている取引所を使うようにしましょう。

金融庁の認可を受けていて、大手企業が運営しているところであれば安心感があります。

詐欺被害

最近は暗号資産業界が賑わってきていることもあり、詐欺も増えています。

SNSやマッチングアプリ、ショートメールなど良く知らない人から暗号資産等の投資案件に誘われたら、怪しい詐欺の可能性が高いので気を付けましょう。

セキュリティ対策

暗号資産は現金と同じ価値を持つため、管理対策は重要です。

口座で扱うパスワードを複雑にする、二段階認証を設定する、公共のWiFiを使って仮想通貨の取引やアクセスをしない、暗号資産を預ける取引所を分散させる、などのセキュリティ対策をしておきましょう。

勉強する

暗号資産にはいろいろな種類があり、株やFXと同様に奥が深いです。

通貨によっていろいろな特性があるため、暗号資産投資で大きな利益を出そうと考えているならばサイトや本で勉強してから始めたほうがいいでしょう。

税金

暗号資産で得た利益は雑所得として課税の対象になります。

金額が20万円以下などの小さいうちは気にしなくていいのですが、額がそれより大きくなってくると税金を払う必要が出てきますので注意しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は暗号資産の基本的な事をお伝えしてみました。

現金と比べてこれからいろいろな使い方をされていくことが予想される暗号資産。発展すればまた便利で面白いものができそうですよね。

興味のある方はこれを機に無理のない範囲で始めてみるのもいいのではないでしょうか?

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ミスタートモ
ミスタートモ
ブロガー/ライター
30代/ ブログ歴2年/独立を目指して精進中/経験職種20以上/個人事業でFIREを目指す!
記事URLをコピーしました